そもそも美白って?

MENU

そもそも美白って?

美白に熱心な方って多いですよね。

 

私もそんな1人です。

 

そもそも美白って、何だろうとふと頭に浮かびました。

 

美白の定義みたいなものが存在するのでしょうか?

 

みなさんはどう定義付けていますか?

 

美白とは、色素沈着が少なく、光の反射量が多い、明るく美しいお肌のことを差すのだそうです。

 

確かに、お肌が明るいと、光を反射します。
色の白と黒、白は反射・黒は吸収というのが当てはまります。
お肌もそういうことだったんですよね。

 

日本人は、色が白くてくすみやシミのないお肌を好む価値観が昔からあり、
「色の白いは七難隠す」という、ことわざさえあるのをご存知でしたか?
幼い頃から、親によく言われていました。

 

この意味は、「色白の女性だと少しぐらい醜い点(欠点)があっても、目立たない」なのです。

 

古くは「ウグイスのフン」が色白になる洗顔料として利用されてい、というのですから驚きですよね。

 

やはり、美白に肌トラブルは大敵なのだということが言えるのではないでしょうか?